アンティーク家具を基調とした部屋に模様替えしてみた

最近アンティーク家具を基調とした家に変えることにしました。ちょうど引っ越しをすることになった時に「どういう家にしようか」と思っていた時のことでした。今のところよりも少し広いところに引っ越しすることができるようになったので、それならばということで思いきって家具などもすべて変えるようにしてみたのです。

これでアンティーク家具を基調とした家に変えようと思ったのです。家が狭い時にはなかなか考えられなかったんですが、引越し先の家は1DKあって、自分の使う部屋が一つ増えていますのでここにアンティーク家具を集めています。もっと大きな部屋だったらさらに大きなものを買うことができるのでしょうが、私の部屋くらいでも十分アンティーク家具を置くといいレイアウトにできるのです。

このアンティーク家具を基調にした部屋にしようと思ったのは私の友人がアンティーク家具を部屋においたりしている人がいたからなんです。その友人の部屋に行った時に見せてもらったんですが、やっぱり他の家具とは全然違いましたよね。主張がありますし、何よりも華やかな感じになっているんです。その子の家も私の家と変わらない広さでしたが、レイアウトが違うだけで雰囲気が違ったのです。

私の以前の部屋はどちらかと言うとシックな感じであまり生活感のないようなところだったんですが、引っ越してからはアンティーク家具を幾つか置くようになってシックな雰囲気から明るくてゴージャスな感じに変わりました。それこそ1DKの部屋なんて大して大きいものではありませんが、そんな普通サイズの家ですらもこんなに良く見えるようになるんだと思ったのです。

引っ越してから家具もアンティークものに変えて、色々なものをアンティーク調にしたりして、すごくいい部屋が出来上がっていると思います。なんとなくですが自分の雰囲気も変わってきたような気がして昔のように怠惰な感じではなくなりました。ちゃんと掃除をしないとせっかくのアンティーク家具が宝の持ち腐れになってしまうので、しっかりするようになりました。

今もまた必要な物があればアンティーク家具でと思って、ネットで幾つかのお店を調べています。アンティーク家具はネットでほとんど揃えましたが、ネットでは写真で見たものと違う!ということがあることもありますが、私が今まで購入したものはほとんど満足の言うもので、違うなと感じたことはほとんどありません。

引っ越しをするという人は今までの家野雰囲気から大きく変えるチャンスです。その時にアンティーク家具はかなり役立つんじゃないでしょうか。

Posted in: archive
Posted in: archive
Posted in: archive
Posted in: archive